2021年度 東京大学バリアフリーシンポジウム【2022年1月4日参加申込開始】

高等教育における「繋がる支援」
谷間のない支援を目指して

東京大学では「東京大学憲章」の中で、障害の有無を含めた構成員の多様性が本質的に重要な意味をもつことを認識し、その能力を十分に発揮して広く大学の活動に参画できるキャンパスを構築することを誓っています。
本シンポジウムでは、東京大学の障害学生支援における主要な4テーマ「STEM領域」「障害のある留学生」「相談支援」「大学等の連携」を設定し、機会均等への取り組みと課題を提示するとともに、高等教育機関における支援とはどうあるべきか、「繋がる支援」をキーワードにその考察を試みます。

日時  : 2022年2月9日(水)14:00~16:30
開催方法: オンライン配信 ※手話通訳・文字通訳付
参加費 : 無料
主催  : 東京大学バリアフリー支援室

定員  : 300名(事前登録制)


【プログラム】

14:00~14:15 開会

開会挨拶 林 香里(バリアフリー支援担当理事・副学長)

東京大学バリアフリー支援室概要  
切原 賢治(バリアフリー支援室准教授)

14:15~15:30 第一部 「繋がる支援」の現状と課題

趣旨説明
熊谷 晋一郎(バリアフリー支援室室長/先端科学技術研究センター准教授)

STEM領域での支援
並木 重宏(先端科学技術研究センター准教授)

障害のある留学生への支援
大西 晶子(相談支援研究開発センター/グローバルキャンパス推進本部准教授)

合理的配慮提供を支える相談支援
川瀬 英理(相談支援研究開発センター助教)

全国大学等の連携とプラットフォーム形成
近藤 武夫(先端科学技術研究センター准教授)

15:30~15:45 休憩

15:45~16:25 第二部 パネルディスカッション:「繋がる支援」の未来を展望する

ファシリテーター:熊谷晋一郎
パネリスト:大西晶子、川瀬英理、近藤武夫、並木重宏(五十音順)

16:30 閉会


【申し込み方法】
申込期間:2022年1月4日(火)〜 2月1日(火)
申込はこちら→ 『参加申込フォーム』 (Microsoft Forms使用)

◆申込フォームの利用が難しい場合
メールでの申し込みも可能ですので、下記の必要事項を記載の上、お送りください。
※メールアドレスは、本ページの最下部に記載しています。
<必要事項>
(1)参加者氏名
(2)氏名ふりがな
(3)所属1(大学名・機関名)
(4)所属2(部署名・学科名等)
(5)属性(教員・職員・大学生・大学院生・その他)
(6)メールアドレス
(7)希望する配慮(情報保障、配付資料等)
(8)その他(問い合わせ)

◆申し込みにあたっての注意事項

  1. 複数人で同時に視聴される場合は、お一人ずつお申し込みください。
  2. 申し込みが完了すると返信メールが届きます。メールが届かない場合はお問い合わせください。
    当日の視聴方法等については、開催1週間前くらいにお知らせします。
  3. 配慮が必要な方は、申込フォームまたは申込メールからお申し出ください。
    障害等により資料の事前配付を要望される方は、ファイル形式(PDFまたはテキスト形式)をご指定ください。
  4. 参加者の皆様による録画・録音・撮影・画面キャプチャーなどの行為はご遠慮ください。
  5. ご記入いただいた個人情報は、当室内のみで管理いたします。

シンポジウム ポスター (PDF:247KB)


【お問い合わせ先】
東京大学バリアフリー支援室 本郷支所
TEL:03-5841-1715
FAX:03-5841-1717
E-mail: spds-staff.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp

ここで本文終了です