サポートスタッフ募集

バリアフリー支援室では、本学の学生を対象に、サポートスタッフを随時募集しています。サポートスタッフとは、バリアフリー支援室に登録し、障害のある学生のサポートにあたる方のことです。関心のある方は、バリアフリー支援室までお問い合わせください。今すぐに活動ができない場合でも、登録をしておいていただけると助かります。登録の仕方や、サポートの詳しい内容、活動の流れなどについては、こちらをご覧ください。

■内容:

活動例① 聴覚障害のある学生への支援

聴覚障害のある学生が履修する授業の音声情報を文字にして伝える支援です。講義内容や周囲の音情報をパソコンに入力して伝える「パソコンテイク」、 ルーズリーフに書き取って伝える「ノートテイク」、 授業のポイントをまとめる「ノート作成」があります。(詳細はこちら

授業中の支援については、学期ごとに勤務可能な時間帯をおうかがいし、予定があえば、聴覚障害のある学生が履修する授業での支援をお願いします。

活動例② 視覚障害のある学生、肢体不自由のある学生への支援

 視覚障害のある学生がパソコンの音声出力機能や画面拡大機能などを使って、また、上肢に障害があってページをめくることが難しい学生が書籍をパソコンの画面上で読むことが出来るように、書籍や紙媒体の資料を電子データ化する支援です。印刷物をスキャナーで画像データとして取り込んだ後、必要に応じてOCRソフトを使って文字データに変換し、校正・レイアウトなどの加工を行います。

その他、障害のある学生のニーズに応じて、個別の支援をお願いすることがあります。

■場所: 駒場Ⅰキャンパス、本郷キャンパス

■謝金:

区分A:支援室が行う講座を受講し、かつ一定のスキルが求められる支援活動

(例)ノートテイク、パソコンテイク等

1,190円/1時間

区分B:上記以外のサポート活動

(例)板書の書き写し、ノート作成、教科書の文字拡大・テキストデータ化、対面朗読等

932円/1時間

(交通費なし。ただし、所属キャンパス以外で支援を行う場合は、キャンパス間の交通費を支給。また、授業支援の場合は前後の準備・片付け等を含め、2時間分の謝金をお支払いします。)

■応募方法:バリアフリー支援室にお電話かe-mailにてご連絡ください。

【連絡先】

本郷支所:03(5841)1715

駒場支所:03(5465)8944

spds-staff.adm@gs.mail.u-tokyo.ac.jp

ここで本文終了です