障害のある学生を担当することになったら

障害のある学生を担当することになったとき、授業や試験についてご配慮いただきたい点や、考えうる対応方法など支援にあたっての具体的な役割を『障害のある学生へのバリアフリー支援ガイド』にまとめましたので、ご活用ください。また、それぞれの障害の特性や、接し方については、「障害について、知っておいていただきたいこと 」をご参照ください。

なお、ここにあげた対応方法は一般的に考えられる対応であり、すべてを網羅しているわけではありません。重度の障害がある学生への対応や、個別のニーズへの対応は、部局の支援実施担当者やバリアフリー支援室が随時学生と協議しながら検討しております。その上で、具体的な対応を先生方にお願いする場合もございます。ご不明な点につきましては、バリアフリー支援室までお問い合わせください。

ここで本文終了です